スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平子理沙さんが語る マイケル・ジャクソン Micheal Jackson

平子理沙さんがロスで大好きな

マイケル・ジャクソン Micheal Jackson

について熱く語っていたのでご紹介♪
「L.Aから帰って参りました。

帰るちょっと前にマイケルジャクソンが
住んでいたお家を見に行ったの。

マイケルと同じ空気を吸った様な気がして嬉しかった。

最近ずっとマイケルの音楽聞いてたくさん映像見て
たくさん本も読んで Micheal Jackson にひたってます。

マイケルの本を読んで思ったのは、真実ではなく憶測で書いてる本が多いってこと。

ゴシップ誌からニュースまでマスコミは「アメリカのアイコン」が
落ちぶれてく姿を描きたいために、真実を隠し、ねじ曲げて報道した。

マイケルジャクソンの裁判はスキャンダラスに報道すればするほど、
新聞雑誌等の売り上げやテレビの視聴率は上がり、何十億ドルと売り上げを伸ばしたらしい。

そんなモノのために一人の人間の人生をめちゃめちゃにしてしまった。

わたしも以前はアメリカのショービズゴシップ誌を読んでいて、
急に興味なくなってここ2年くらい全く買わなくなったけど、

あの頃その売り上げに貢献していたかと思うとすごく落ち込む。

「マイケルジャクソン裁判」/アフロダイテジョーンズ著(ブルースインターアクションズ)

はあの裁判の真実を冷静に描いている本です。

マイケルに良くしてもらった人々がウソの証言で裁判を起こし、
検察、弁護士達と共に策をねって大金をむしり取ろうとし、大失敗する全てが描かれています。

結局マイケルにかけられたたくさんの容疑はすべて無実、
完全無罪を勝ち取るのだけれど、それでも、ねじ曲げた報道で
いまだにマイケルが誤解されているのを耳にする。

だからこの本をたくさんの人に読んで欲しい。

もう一冊は

「ムーンウォーク」(河出書房新社)

この本はマイケル自身が語っている自伝で彼の本当の言葉が伝わってきます。

コンプレックスや仕事の悩みも正直すぎるほど語っていて、
努力家で天才だけど普通の感覚を持った常識人という事も分かります。

他の本は、先入観、うわさ話や憶測で書かれたものも多いので注意。

この2冊を通して純粋でナイーブ、誠実で優しいマイケルを知ると、
世界中の子供の事を考え、平和を望むその姿勢は天使のように、哲学者のように、
偉大な宗教家のように感じてきます。

マイケルジャクソンの映画「THIS IS IT」がまた上映されると聞きましたゾイ。

アメリカでもまだやっていたからママともう一度観に行ったよ。

7回目。ママは3回目。やっぱり何度見ても感動する。

毎回見るたびに自分もマイケルみたいに踊れる気持ちになって映画館を出て、
外で踊ってみるけどダメ。あー、ダンスうまくなりたい!

DVDも予約したけどまだまだ映画館に見に行くよー!そしておどる! 」

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。